投稿

2011の投稿を表示しています

教員養成系大学・学部の就職状況

笑う門には福来る

入試広報の腕をみがく(4)

大学職員は成長する

国立大学改革のスピードを加速する仕組みの導入

自分の火種は、自分で火をつけよ(土光敏夫)

入試広報の腕をみがく(3)

成果を明らかにする(ドラッカー)

成功は成功の母である(土光敏夫)

求められる教職員の意識改革

国立大学法人の二次評価結果

成果のあるところに資源を投入する(ドラッカー)

学歴偏重は親のエゴ(土光敏夫)

国立大学に対する地方公共団体からの寄付が緩和

教学経営のマネジメント

反省することは帳面につけろ(土光敏夫)

先月のアクセスランキング

入試広報の腕をみがく(2)

入試広報の腕をみがく(1)

廃棄のシステムをつくる(ドラッカー)

人をトレーニングする (ドラッカー)

政策仕分け結果の十分な精査と着実な政策への反映を

壁を毎日破れ(土光敏夫)

一日も早く”地力”をつけよ、サラブレッドより野ネズミの方が強い(土光敏夫)

国立大学法人の決算から垣間見えるもの

親と就活

しあわせ運べるように

国立大学法人の改革推進状況(平成22年度)

先月のアクセスランキング

国立大学の復興と再生に向けて

希望の種を蒔く

財務省の論理は国民に理解されうるものか

動物実験に係る体制の整備を

国立大学法人の2010年度評価結果