2013年2月12日火曜日

「情報」は取りに行くもの

今日の言葉」から修身」(2013年2月12日)を抜粋してご紹介します。



与えられる情報はすでに他人のフィルターを通して提供されています。

語源を紐解くと、「情報」とは「事情を報告すること」から来ているそうです。

「事情」は「実情」と異なり必ずしも隠された真実までは含まれていないのです。

だからこそ自分で取りに行かなければ本当のことはわからない。

少なくともマスコミやネットに流れている情報を鵜呑みにして判断してしまうことは危険だと気づいていることが大事ですね。

ときに「常識」を疑う姿勢が必要です。

昔は本を手に入れる為には全文を書き写していました。

そこまでして学びたいという気持ちと労力があれば、大抵のことは成し遂げられるでしょう。

だから簡単に本を買って読むことが出来る現代はなんと恵まれたことでしょうか。

これを活かさない手はありません。

今年の年頭に立てた目標はどれくらい達成されていますか?


0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

記事紹介丨モラールアップ

モラールアップ経営とは、たんなるテクニックで成りたつものではありません。 いわば、社長の考え方や生きざまそのものです。 ここで肝心なのは、社長の考え方や生きざまを、どうやったら社員すべてに浸透させるかということです。 一人で威張っているだけでは、社員たちに理解させ、行...

人気の投稿