2013年11月18日月曜日

覚悟のある人

ブログ「人の心に灯をともす」から突き抜けた覚悟」(2013年11月12日)を罰すしてご紹介します。


残念なことにこの世には、自分のことは棚にあげて他人を批判する人は多い。


かつて、多くの政治家たちは自分の失敗を秘書のせいにしてきたが、実業の世界で、経営者やリーダーが、もしそれを部下や環境や他人のせいにしたとしたら、またたくまにリーダー失格の烙印を押され、会社の業績も急落するだろう。

自分や部下のやったこと、あるいは天変地異による影響さえも、自分の責任と、捉えるには、上に立つ者としての覚悟が必要だ。

覚悟とは決めること。

右に行くのか左に行くか、やるのかやらないのか、決めることだ。

そして、決めたらそれを飲み込み、引き受けること。

全てを引き受ければ、肚が決まり、退路が断たれる。

なにも、覚悟は大きなことだけではない。

小さなことだとなめてかかると、手痛いしっぺ返しを喰らうことがある。

どんな些細なことであろうと、覚悟してかかる。

「批評家ではなく、つねに批判される側でいること」

覚悟のある人は、「文句を言わない」、「人のせいにしない」、「いい訳しない」。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

記事紹介|今日は、記憶の継承「慰霊の日」

沖縄は今日(6月23日)、20万人を超える人が亡くなった沖縄戦から72年となる「慰霊の日」を迎えました。関連記事をご紹介します。 沖縄 あす慰霊の日 大田元知事を偲んで|2017年6月22日東京新聞 沖縄県の大田昌秀元知事が亡くなりました。鉄血勤皇隊として激烈な沖縄戦を体...

人気の投稿