2014年2月10日月曜日

物事を自責で考える

ブログ「今日の言葉」から魅力」(2014年2月7日)をご紹介します。


魅力とは

他人に何かを与えることによって生じ、

他人に何かを求めることによって消滅する。


これにこの言葉を合わせてみると良いと思います。

「与えた恩は水に流し、

受けた恩は岩に刻め。」

魅力を出すために人に何かを与えても、

その見返りを求めては、結局は人に何かを求めていることになってしまう。

「自分はこんなにしてあげているのに」

というのは自己満足でしかない。

イチローも

「誰かのためにやることと、誰かを思ってやることは違う」

と言っていました。

ただし、根源が自己犠牲ではいけない。

自分を愛し認めるその自己充実感から、

相手に与えられる余裕を持つことが必要。

言い換えると、

物事を自責で考える人の魅力は増し、

周りや環境のせいだと他責でいる人は

魅力を減少させてしまうとも言えるでしょう。

自分を信じる力が、自信になっていきます。

昨日の自分は魅力を増しましたか?減らしましたか?

今日は魅力を増せそうでしょうか。

人に与える専門的なものが無くても、

元気な挨拶や返事、笑顔、「ありがとう」、「ごめんなさい」を

素直に言えることも与えることの一つだと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

記事紹介|今日は、記憶の継承「慰霊の日」

沖縄は今日(6月23日)、20万人を超える人が亡くなった沖縄戦から72年となる「慰霊の日」を迎えました。関連記事をご紹介します。 沖縄 あす慰霊の日 大田元知事を偲んで|2017年6月22日東京新聞 沖縄県の大田昌秀元知事が亡くなりました。鉄血勤皇隊として激烈な沖縄戦を体...

人気の投稿