2014年4月29日火曜日

今生きている幸せに感謝

ブログ「人の心に灯をともす」から淡々と生きること」(2014年4月26日)を抜粋してご紹介します。


「夢や希望を持って、それを語りなさい。それに向かって行きなさい、という表現もあふれています。

夢や希望というのは耳にはいい響きですが、よく考えてみると、結局は『足りないこと』を言っているにすぎないのです。

『あれが足りない。これが足りない。あれを寄こせ。これを寄こせ』と言うことを夢や希望であると吹聴しています。

これは突きつめていくと、エゴなのです。

私たちは九千九百九十の喜びを宇宙からいただいているのに、足りない十個を挙げて、それを『寄こせ、寄こせ』と言っているのです。

『その十個を手に入れたら幸せだ。手に入らなかったら不幸だ』と」

我々は、今ある幸せに感謝しないで、「足りない、足りない」、「もっと欲しい」と言っている。

何か特別な面白いイベントがなければつまらない、不幸だ、と。

しかし、淡々と過ぎていく平和で単調な毎日こそ、幸せだということに気づかない。

世界のどこか、戦争や紛争が起こっている地域、飢餓にあえいでいる国々、独裁的で自由のない国家、に行ってみれば、それはすぐわかる。

「淡々と生きること」

この日本に生まれた幸せ、そして、今生きている幸せに感謝したい。


著者 : 小林正観
風雲舎
発売日 : 2012-01-26

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

記事紹介|今日は、記憶の継承「慰霊の日」

沖縄は今日(6月23日)、20万人を超える人が亡くなった沖縄戦から72年となる「慰霊の日」を迎えました。関連記事をご紹介します。 沖縄 あす慰霊の日 大田元知事を偲んで|2017年6月22日東京新聞 沖縄県の大田昌秀元知事が亡くなりました。鉄血勤皇隊として激烈な沖縄戦を体...

人気の投稿