2014年4月30日水曜日

ガラスの囲いを取り払う

ブログ「今日の言葉」から4つのD」(2014年4月21日)をご紹介します。


4つのDを止めると
人生は上手くいく。
その4つのDとは次のもの。
「でも」
「だって」
「どうせ」
「だけど」


ノミのサーカスというお話があります。

ノミはその高いジャンプ力が特徴の一つですが、

サーカスで使うために、そのノミの周りにガラスの囲いをして

ジャンプしたときに天井に当たるようにする。

ノミは最初の内は天井に当たってもジャンプし続けますが、

数日続けているとだんだんその天井にぶつからないように

ジャンプ力を調整するようになる。

そこで今度はガラスの囲いを取ってみると、

もう今までのようには高く飛ばなくなってしまう。

せっかくのジャンプ力があっても。

これと同じ様な事が人間にも起こりうるのです。

「でも。だって。どうせ。だから」と言い訳したり、

周りに対してそう言った言葉でやる気を削いで行く行動を取っていると、

本当は能力がありながら、力を発揮出来なくなってしまう。

自分自身にとってのガラスの囲いは何でしょうか?

また自分自身が誰かのガラスの囲いになってしまっていないでしょうか?

厳しいことがあっても、「これは何のチャンスだろう」と捉えてみる。

「でも、と言ってしまったけど、今回はやってみる!」と言ってみることですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

総理、あなたはどこの国の総理ですか

「ノーモア ヒバクシャ」 この言葉は、未来に向けて、世界中の誰も、永久に、核兵器による惨禍を体験することがないように、という被爆者の心からの願いを表したものです。その願いが、この夏、世界の多くの国々を動かし、一つの条約を生み出しました。 核兵器を、使うことはもちろん、持つ...

人気の投稿