2014年5月21日水曜日

ベンジャミン・フランクリンの徳目

ブログ「今日の言葉」から十三の徳目」(2014年5月8日)をご紹介します。


政治家、外交官、著述家、物理学者、気象学者として活躍し、アメリカ合衆国建国の父の一人として讃えられるベンジャミン・フランクリン氏。

そのフランクリンが、良い習慣をつくり身につけるために、十三の原理原則を手帳に書き、毎日実行できたかどうかをチェックしたそうです。

チェックするということは、できていないこと日もあったのでしょう。

そこが人間的でさらに良いのだと思います。

それぞれの補足をします。

1.節制

飽くほど食うなかれ。酔うまで飲むなかれ。

2.沈黙

自他に益なきことを語るなかれ。駄弁を弄するなかれ。

3.規律

物はすべて所を定めて置くべし。仕事はすべて時を定めてなすべし。

4.決断

なすべきをなさんと決心すべし。決心したることは必ず実行すべし。

5.節約

自他に益なきことに金銭を費やすなかれ。すなわち、浪費するなかれ。

6.勤勉

時間を空費するなかれ。つねに何か益あることに従うべし。無用の行いはすべて断つべし。

7.誠実

詐りを用いて人を害するなかれ。心事は無邪気に公正に保つべし。口に出だすこともまた然るべし。

8.正義

他人の利益を傷つけ、あるいは与うべきを与えずして人に損害を及ぼすべからず。

9.中庸

極端を避くべし。たとえ不法を受け、憤りに値すと思うとも、激怒を慎むべし。

10.清潔

身体、衣服、住居に不潔を黙認すべからず。

11.平静

小事、日常茶飯事、または避けがたき出来事に平静を失うなかれ。

12.純潔

性の営みはもっぱら健康ないし子孫のためにのみ行い、

これにふけりて頭脳を鈍らせ、身体を弱め、

または自他の平安ないし信用を傷つけるがごときことあるべからず。

13.謙譲

イエスおよびソクラテスに見習うべし。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

記事紹介|今日は、記憶の継承「慰霊の日」

沖縄は今日(6月23日)、20万人を超える人が亡くなった沖縄戦から72年となる「慰霊の日」を迎えました。関連記事をご紹介します。 沖縄 あす慰霊の日 大田元知事を偲んで|2017年6月22日東京新聞 沖縄県の大田昌秀元知事が亡くなりました。鉄血勤皇隊として激烈な沖縄戦を体...

人気の投稿