2014年6月26日木曜日

何かを変えるチャンス

ブログ「今日の言葉」からフォーカス」(2014-06-20)をご紹介します。


釣れないときは、

魚が考える時間をくれた

と思えばいい。

ヘミングウェイ


たまにはゆっくりな言葉も。

「釣れない」という事実にフォーカスしてイライラするのではなく、自分を客観視して考え方を変えてみる。

人間は「考え方」を変えられる動物なのです。

うまく行かないときは、自分が驕(おご)っているときなのかもしれない。

うまく行かないときは、新しい学びが必要なサインなのかもしれない。

うまく行かないときは、目標設定の仕方が間違っているのかもしれない。

うまく行かないときは、基本を忘れているときかもしれない。

でも一番大事なことは、うまくいっているときでさえも、

そうした反省が出来るかどうかでしょう。

常に何かを変えるチャンスは転がっています。

「やり方を変えないで違う結果を求めるのは狂気の沙汰だ」という言葉のように。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

総理、あなたはどこの国の総理ですか

「ノーモア ヒバクシャ」 この言葉は、未来に向けて、世界中の誰も、永久に、核兵器による惨禍を体験することがないように、という被爆者の心からの願いを表したものです。その願いが、この夏、世界の多くの国々を動かし、一つの条約を生み出しました。 核兵器を、使うことはもちろん、持つ...

人気の投稿