2014年7月5日土曜日

もうひとつの幸せ

ブログ「今日の言葉」から生きる目的」(2014-06-30)をご紹介します。


人間が生きる目的は、「喜ばれる存在」になること。

他人と競ったり、比べたり、争ったりして、

「1位」になるためにあるのではない。

小林 正観(せいかん)


私には「知的障害」を抱えた長女がいます。

彼女は、普通の子どもよりも筋力が足りないため、速く走ることができません。

運動会の徒競走に出ると、1位はおろか、2位になることも、3位になることもありません。

いつも「ビリ」でした。

忘れもしません。彼女が小学校6年生のときです。

運動会の前に足を捻挫してしまった友だちがいました。

長女はその友だちと一緒に走ることになっていたため、友だちには悪いのですが・・・、

「はじめてビリじゃないかもしれない」と妻は期待していたようです。

運動会を終え、妻はいつも以上にニコニコしながら帰ってきました。

長女がビリから抜け出したのかと思いきや、「今回も、やはりビリだった」というのです。

ところが妻は、今回もビリだったことを嘆くどころか、ニコニコと嬉しそうにしていました。

徒競走がはじまると、長女は足を捻挫した友だちのことを何度も振り返り、気にかけながら走っていたそうです。

自分がゴールすることよりも、自分がビリから抜け出すことよりも、怪我をした友だちのことが心配だったのでしょう。

友だちは足をかばうあまり、転んでしまいました。

すると長女は走るのをやめ、友だちのもとに駆け寄り、手を引き、起き上がらせ、二人で一緒に走り出したそうです。

二人の姿をみて、生徒も、父兄も、二人に大きな声援を送りました。

そしていよいよゴールのとき、長女は、友だちの肩をポンと押して、自分より先に友だちをゴールさせたというのです。


著者 : 小林正観
ダイヤモンド社
発売日 : 2010-01-16

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

記事紹介|そんな大学に、国民の血税から投資を増やしますか

教育無償化政策の哲学 思うに、教育の無償化に代表される投資増加策の根本にある発想は大きく二つでしょう。一つは、21世紀という時代が知識や情報が人々の生活に直結する時代であるということ。この時代には、教育にこそ投資をし、教育の機会をこそ均等にすることが国家の興隆にも、格差の是正...

人気の投稿