2014年7月7日月曜日

幸せになるために

ブログ「今日の言葉」から幸せ」(2014-07-02)をご紹介します。


「幸せ」かどうかを尋ねるときに

2種類の聞き方がある。

「あなたは幸せですか?」



「幸せになるために最善を尽くしているか?」

後者の聞き方をされた方が

その後の行動で幸せを感じやすい。

マーシャル・ゴールドスミス


ケネディ元大統領の名演説に、

「祖国があなたに何をしてくれるかを求めるのではなく、あなたが祖国のために何ができるのか考えて欲しい」

とあるように、

物事に対して、受動的でいるか、能動的であるかによって幸福度が変わってくるのです。

ちなみに

「あなたは幸せですか?」は受動的質問で、幸せではないと感じている人にこれを質問すると、

「幸せではない。環境が悪いから。あの人がいるから」

と不幸せの原因を外に求め、他責となる。

自分ではどうにも変えられないものに原因を求めるから、自分の幸せが増えることはほとんどない。

逆に「幸せになるために最善を尽くしているか?」

と能動的な質問を投げかけると主体が自分となり、自分の行動が変わってくる。自責となる。

結果として幸せになれるチャンスが増える。

「自ら変えられるものは変化を起こし、変えられないものは受け入れること。」

受け入れるとは、心を持って行かれないようにすると言っても良いでしょう。

不満を言っても不幸になるのは自分だけだから。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

記事紹介|そんな大学に、国民の血税から投資を増やしますか

教育無償化政策の哲学 思うに、教育の無償化に代表される投資増加策の根本にある発想は大きく二つでしょう。一つは、21世紀という時代が知識や情報が人々の生活に直結する時代であるということ。この時代には、教育にこそ投資をし、教育の機会をこそ均等にすることが国家の興隆にも、格差の是正...

人気の投稿