2014年8月31日日曜日

鎮魂と追悼

8月も今日で終わり。本日の「天声人語」(朝日新聞)から「8月の言葉から」をご紹介します。


立秋をはさむ二つの原爆忌。そして、迎え火と送り火のはざまで戦没者を想(おも)う敗戦忌。不戦を誓い、鎮魂と追悼に頭(こうべ)を垂れた8月の言葉から

▼栃木の明良(あきよし)佐藤さん(70)は、8月15日から新年が始まる「戦後カレンダー」をつくり続けて30年になる。終戦の昭和20年を元年とする独自の「戦後暦」で数え、この新年は戦後70年だ。「今度戦争が起これば戦後という言葉は使えない。その意味では戦後であり続けることが平和のあかし」

▼がんで余命宣告をされた鹿児島の女優、たぬきさん(本名・田上〈たのうえ〉美佐子さん、59歳)が、病を押してこの夏も平和を願う舞台に立った。「どれだけ命が大切で、重いか。平和の大切さをみんなで考えたい。だから私は今を生きる」と

▼修学旅行の男子中学生5人から「死に損ない」と暴言を吐かれた長崎の語り部森口貢(みつぎ)さん(77)が言う。「あの生徒たちとゆっくり話ができればなあ。生意気な時期もある年齢。あのことが傷にならなければいいが」

▼東京の公園で憲法9条を守る署名を集めてきた蓑輪喜作さんが85歳で死去。柔和な笑顔は、若者たちから「九条おじさん」と慕われた。残された歌に〈むきあいて 九条話はたのしかり 一人一人が孫のような顔〉。6万筆を1人で集めた

▼岐阜県高山市であった短歌コンクール「八月の歌」入選作に愛知の中1、中村桃子さんの一首。〈セーラーの衿(えり)のラインが一本になった理由は戦争だった〉。3本が1本に。通う学校の制服の歴史を調べて、詠んだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

記事紹介|そんな大学に、国民の血税から投資を増やしますか

教育無償化政策の哲学 思うに、教育の無償化に代表される投資増加策の根本にある発想は大きく二つでしょう。一つは、21世紀という時代が知識や情報が人々の生活に直結する時代であるということ。この時代には、教育にこそ投資をし、教育の機会をこそ均等にすることが国家の興隆にも、格差の是正...

人気の投稿