2014年9月15日月曜日

第三期中期目標・計画の策定準備開始

文部科学省(国立大学法人支援課長)は、去る9月9日付で、各国立大学法人中期目標・中期計画担当理事宛て「 国立大学法人の第3期中期目標・中期計画の項目等について」と題する事務連絡を発出しています。

いよいよ、第三期中期目標・中期計画の策定準備が始まります。


国立大学法人の第3期中期目標・中期計画の項目等について

このたび、各国立大学法人における第3期中期目標・中期計画の策定に当たっての参考とされたく、別添資料をとりまとめましたので送付いたします。

第2期からの変更点としては、「入学者選抜」や「教育研究組織の見直し」に関する項目を新たに追加するなど、近年の政策課題や国立大学法人を取り巻く状況を踏まえたものとしています。

なお、第2期に見直しを行った、「例示の簡素化」や「最小単位の項目数の目安の設定」等については、第3期においても引き継ぐこととしています。

今後のスケジュールとしては、平成27年6月中を目途に各法人から中期目標・中期計画の素案を文部科学省に提出いただき、国立大学法人評価委員会における審議を経て、平成27年度中に中期目標の策定、中期計画の認可等に係る正式な手続を行うことを見込んでいます。(下線は小生)


(別添)

国立大学法人の第3期中期目標・中期計画の項目等について(概要)

【第2期中期目標・中期計画の項目等との主な変更点】

○大学の基本的な目標(中期目標前文)

「国立大学改革プラン」(平成25年11月)等の記述や、自らの強み、特色、社会的役割を踏まえ一層の個性化・機能強化を図る観点から記載することを明示

○大学の教育研究等の質の向上に関する目標及び目標を達成するためにとるべき措置

  • 「入学者選抜」に関する項目を追加
  • 「社会との連携や社会貢献」に関する項目を「社会との連携や社会貢献及び地域を志向した教育・研究」に関する項目に変更するとともに、「教育」、「研究」に関する項目と同列に整理
  • 「国際化」に関する項目を「グローバル化」に関する項目に変更


○業務運営の改善及び効率化に関する目標及び目標を達成するためにとるべき措置

  • 「組織運営の改善に関する目標」の注記にガバナンス機能の強化、人事・給与制度の弾力化等を例示として追加
  • 「教育研究組織の見直し」に関する項目を追加


○その他業務運営に関する重要目標及び重要目標を達成するためにとるべき措置

  • 「法令遵守」に関する項目を「法令遵守等」に関する項目に変更するとともに、目標の注記に研究における不正行為、研究費の不正使用の防止体制等を例示として追加


【その他】

第2期中期目標・中期計画の項目等において行った、中期計画の「記載事項の例」を示さないなど例示の簡素化や、中期計画の項目数について目安の設定(原則100項目を下回る)等は、第3期においても引き継ぐものとする。

【策定に当たっての主な留意点】

  • 記載に当たっては、各法人の特性等に応じて様々に工夫してください。
  • 記載内容は、原則として全学的な視点からのものとしますが、各法人の強み、特色及び社会的役割を踏まえ、全学的な観点から重視又は見直しする事項については、特定の分野や個々の学部・研究科等に係る内容でも積極的にその具体的な内容を記載してください。
  • 中期計画には、達成すべき数値や達成すべき時期のほか、その計画が遂行されているかどうかを検証することができる指標を可能な限り盛り込んでください

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

記事紹介|民衆の憎しみに包囲された軍事基地の価値はゼロに等しい

沖縄は5月15日、本土復帰45年の節目を迎えた。基地問題をめぐり、亀裂が深まる「本土」との関係修復は可能なのか。 5月初めの沖縄は、梅雨入り間近を予感させる特有の湿気をまとっていた。静寂が覆う密林地帯。うっそうとした茂みの中で、そこだけが柔らかな光に包まれていた。献花台を埋め...

人気の投稿