2014年9月5日金曜日

感謝の言葉

ブログ「人の心に灯をともす」から楽観的な人は長生きする」(2014-08-30)を抜粋してご紹介します。


「悲観主義は気分のものであり、楽観主義は意志のものである。

およそ成り行きにまかせる人間は気分が滅入りがちなものだ」(アラン)

楽観主義というと、お気楽で、何も考えていないノーテンキな人間のように思ってしまう。

しかし、困難なときや、失意のときに楽観主義でいるには、意志が必要だ。

逆に、状況に流されてしまう人はすぐに落ち込んでしまう。

「なんとかなる」「大丈夫」「きっとよくなる」「うまくいく」という楽観的で明るい言葉、そして「感謝の言葉」。

「もうだめだ」「無理」「できない」「だんだんダメになる」という悲観的で暗い言葉、そして「愚痴や恨みや嘆きの言葉」。

日々感謝し、楽観的に生きたい。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

記事紹介|民衆の憎しみに包囲された軍事基地の価値はゼロに等しい

沖縄は5月15日、本土復帰45年の節目を迎えた。基地問題をめぐり、亀裂が深まる「本土」との関係修復は可能なのか。 5月初めの沖縄は、梅雨入り間近を予感させる特有の湿気をまとっていた。静寂が覆う密林地帯。うっそうとした茂みの中で、そこだけが柔らかな光に包まれていた。献花台を埋め...

人気の投稿