2014年11月16日日曜日

自ら経験しなければならない

ブログ「今日の言葉」から立ち向かう勇気」(2014-11-14)をご紹介します。


大切なのは評論家ではない。

実力者がどのようにつまずいたか、

善行家がどこでもっとうまくやれたかを

指摘する人物はいらない。


顔を泥と汗と血でよごしながら、

実際に現場で闘っている男。

勇ましく立ち向かっている男。


何度も判断をあやまって、期待にそえない男。

大いなる熱意と献身についてわかっていて、

りっぱな大義に身をささげている男。


最善の場合は、最終的に大成功をおさめた喜びを知っている男。

最悪の場合は、たとえ失敗したとしても、

勝利も敗北も知らない、

冷たくて臆病な連中とは違う、

あえて勇敢に立ち向かって結果として失敗した男。

そういった男たちをこそ、称賛すべきなのだ。


セオドア・ルーズベェルト



成功でも失敗でも良いから、自ら経験する事の大切さを説いています。

人は自分の人生の主人公であって、

他人の人生を生きることはできない。

同じ事が起こったとしても感じ方、捉え方、学べることは異なるものです。

詩人のリュッケルトもこう語っています。

『経験は数千年前からなされてきたが、

その跡をたどっても無駄である。

他人が自己のために経験したことは、

そのまま諸君には通用しない。

諸君は己自身のために経験しなさねばならない。』

論語や聖書などの2,500年以上も前の言葉が今も息づいているのは、

人が自ら経験しなければ実感できないからなのでしょうね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

記事紹介丨モラールアップ

モラールアップ経営とは、たんなるテクニックで成りたつものではありません。 いわば、社長の考え方や生きざまそのものです。 ここで肝心なのは、社長の考え方や生きざまを、どうやったら社員すべてに浸透させるかということです。 一人で威張っているだけでは、社員たちに理解させ、行...

人気の投稿