2014年11月7日金曜日

大海は常に濁らない

ブログ「今日の言葉」から海になれ」(2014-10-03)をご紹介します。


小さい川は濁りやすい。

大きい河はちょっとでは濁らない。

大海は常に濁らない。

人間の心も小さいわれにとらわれたときは濁りやすい。

心を広げてわれに囚われないようにする。

自然な公平な立場にあって相手の立場を理解する。

このとき心は大きく広くなる。

こうして濁りやすいわが心は、
 
次第に濁りがなくなる。

自分のいい分、自分の立場に

囚われないことを心掛けることが、

伸びる一つの条件である。

常岡 一郎


海のような広い心を持つためには、自分のことを優先する小さな我、「小我(しょうが)」ではなく、人を喜ばす存在になろう、人を幸せにしようという大きな我、「大我(たいが)」で行動することが必要です。

かのガンジーもこう言っていますね。

「人間性への信頼を失ってはならない。人間性とは大海のようなものである。ほんの少し汚れても、海全体が汚れることはない。」

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

記事紹介丨モラールアップ

モラールアップ経営とは、たんなるテクニックで成りたつものではありません。 いわば、社長の考え方や生きざまそのものです。 ここで肝心なのは、社長の考え方や生きざまを、どうやったら社員すべてに浸透させるかということです。 一人で威張っているだけでは、社員たちに理解させ、行...

人気の投稿