2014年12月17日水曜日

評論家はいらない

ブログ「人の心に灯をともす」から言い訳はいらない」(2014-12-16)をご紹介します。


「立派なことを言うより立派なことをするほうが立派だ」

これは偉大な政治家であり発明家でもあったベンジャミン・フランクリンの言葉である。

「こうすればいい、ああすればいい」と評論家のようなせりふを口にするのだが、さっぱり実行が伴わない人はあなたのまわりにもたくさんいることだろう。

本当の成功者は、実行した経験をもとに話をするものだ。

あなたは口先だけの人物か、実行する人物か、どちらだろうか。

あなたがうまくやり遂げられる可能性のあることは何だろうか。

あなたが立派に実行できれば、人々はあなたのアイデアに敬意を抱くようになる。

「言い訳が得意で、他のことも得意だという人を、私は一人も知らない」

これもフランクリンの名言である。

物事を最後まできちんとやり遂げない人を表現する言葉として、これ以上に的確なものはない。

「忙しい」「やり方がわからない」「時間がない」「お金がない」などというのは正当な理由にはならない。

それをするだけの勇気や能力、技術が自分にはないことを認めたくない人が思いつく言い訳にすぎないのだ。

何かをやってみるのに言い訳はいらない。

さあ、やってみよう。


ただ口先だけで文句を言ったり、批判したりする評論家のような人は多い。

言い訳が得意な人も同じで、自分が行動しない理由、評論家である理由を情熱をこめて説明できる。

行動の人は、できない理由ではなく、できる方法を一つでも多く探す。

そして、それを一つづつ実行する。

「言い訳はいらない」

実行する人にだけ幸せの女神は微笑む。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

記事紹介|民衆の憎しみに包囲された軍事基地の価値はゼロに等しい

沖縄は5月15日、本土復帰45年の節目を迎えた。基地問題をめぐり、亀裂が深まる「本土」との関係修復は可能なのか。 5月初めの沖縄は、梅雨入り間近を予感させる特有の湿気をまとっていた。静寂が覆う密林地帯。うっそうとした茂みの中で、そこだけが柔らかな光に包まれていた。献花台を埋め...

人気の投稿