2015年2月27日金曜日

俺が俺がの「我」を捨てて、お陰お陰の「げ」で生きる

ブログ「今日言葉」からしすぎない」(2015-02-24)をご紹介します。


仕事というものは、全部をやってはいけない。

八分まででいい。八分までが困難の道である。

あとの二分はたれでも出来る。

その二分は人にやらせて完成の功を譲ってしまう。

それでなければ大事業というものはできない。

司馬 遼太郎


歴史小説「竜馬がゆく」の中で作者である司馬遼太郎氏が、坂本龍馬に語らせていたのが、上記の言葉です。

大政奉還を提案した龍馬が、その後の新政府において自らの役職や手柄を求めず、薩長や岩倉具視に譲ろうとした場面です。

司馬氏はあとがきでこのようにも語っています。

『私心を去って自分をむなしくしておかなければ人は集まらない。人が集まることによって知恵と力が持ち寄られてくる。仕事をする人間というものの条件のひとつなのである。』

他の誰から認められなくても自分は知っている、認めている。その強さと謙遜が強さになっていくのでしょう。

俺が俺がの「我」を捨てて、お陰お陰の「げ」で生きる。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

記事紹介|そんな大学に、国民の血税から投資を増やしますか

教育無償化政策の哲学 思うに、教育の無償化に代表される投資増加策の根本にある発想は大きく二つでしょう。一つは、21世紀という時代が知識や情報が人々の生活に直結する時代であるということ。この時代には、教育にこそ投資をし、教育の機会をこそ均等にすることが国家の興隆にも、格差の是正...

人気の投稿