2016年12月9日金曜日

記事紹介|Ask

国があなたのために

何をしてくれるのかを

問うのではなく、

あなたが国のために

何を成すことができるのかを

問うて欲しい。

J・F・ケネディ


ケネディ元米大統領の有名なフレーズからご紹介です。

原文は、

『My fellow Americans,

ask not what your country can do for you,

ask what you can do for your country.』

誰かに何かをしてもらうことを期待するのではなく、

自分に何が出来るのかを問うこと。

それが自分自身当事者意識高めることになる。

「国」を自分が所属する組織や会社、学校やクラス、チームなどに

置き換えていいでしょう。


してくれないことにただ不満を持つのではなく、

『批判は大いに結構。ただし反対対案を示すこと』

という姿勢を忘れずに。

2016-12-07 今日の言葉

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

記事紹介|そんな大学に、国民の血税から投資を増やしますか

教育無償化政策の哲学 思うに、教育の無償化に代表される投資増加策の根本にある発想は大きく二つでしょう。一つは、21世紀という時代が知識や情報が人々の生活に直結する時代であるということ。この時代には、教育にこそ投資をし、教育の機会をこそ均等にすることが国家の興隆にも、格差の是正...

人気の投稿