2018年6月23日土曜日

記事紹介|挑戦

もし、過ちを犯す自由がないのならば、自由は持つに値しない。マハトマ・ガンジー

ヒルトンホテル創業者のコンラッド・ヒルトンも『成功する人は動き続けている。間違いを犯すことはあっても決して立ち止まることはない』と失敗を恐れないようにと忠告してくれています。

避けるべきはリスクを恐れて何も行動しないこと。

失敗や間違いも授業の一つ。

次回はもっと上手くやるための練習に過ぎないのです。

失敗したり間違いを犯した自分をまずは自分自身が認め、受け入れることも大事。

小さい一歩でもいいから心がワクワクすることに挑戦してみましょう。

自由|今日の言葉 から

2018年6月15日金曜日

記事紹介|プロフェッショナルの条件

仕事のできない人は2種類に分かれる。

言われたことができない人と、言われたことしかできない人だ|サイラス・H・カーティス


言われたことができない人は、多くは経験の差が原因でしょうから、できるようになるまで努力をすれば良い。周りも待ってあげられば良い。

言われたことしかできない人は、業務を確実に遂行する力がありながらも、そこに自らの価値創造をすることを放棄してしまっている。

すなわち誰がやっても変わらない結果を出していることになり、将来、機械に取って代わられる可能性が高い。

ソムリエの田崎真也

『「ありがとう」と言われる仕事がプロフェッショナルとなりえるのだと思います』

人がやることだから、そこに心を乗せることができるはず。

ちょっとした提案や改善を盛り込むこともできるはず。

相手や周りの人に喜んでもらおうと個性を出して行くことが大事なのだと思います。

それは他の人を慮る気持ちと多様性が必要になるのでしょう。

言われたこと|今日の言葉 から

2018年6月8日金曜日

記事紹介|自分から出て行く言葉や行動だけが他人があなたを評価する材料になるのです

不満を持つ間は、人は幸せからはじき返されますのや|歌人 生方たつえの母

これに関連して作家の三浦綾子さんの言葉も紹介します。

『九つまで満ち足りていて、十のうち一つだけしか不満がない時でさえ、人間はまずその不満を真っ先に口からだし、文句を言い続ける。自分を顧みてつくづくそう思う。なぜ私たちは不満を後回しにして感謝すべきことを先に言わないのだろう。』

付け加えるとすれば、「感謝」はしている、神仏にも手を合わせて祈りを捧げている、他人にも奉仕をしているという場合であっても、「不満」を言ったり、他人をむやみに卑下したり、意識せず「最悪」などといったマイナス行動をしていては、自分の良い行いも打ち消されてしまうということでしょう。

自分から出て行く言葉や行動だけが他人があなたを評価する材料になるのです。

内面でどんなに良いことを思っていても、それが言動に現れなければ伝わらない。

一度放った矢のように取り返せないものですから、自分から出て行くものに注意をしましょう。