2020年3月12日木曜日

記事紹介|反省はしても後悔はしない

失敗して、やる気がなくなるのが敗者

失敗して、やる気になるのが勇者

福島 正伸

*

人生を映画のように、ドラマのようにと捉えれば、困難があった方が面白くなる。

困難を乗り越えた話はもっと面白い。

だから、失敗したとき、困難が来たときに使う言葉は、

「ますます面白くなってきたぜ!」

Welcome 困難です。

松下幸之助氏が語るように、

「困っても、困ったらあかん」のです。

反省はしても、後悔はしない。

躓くのは、足を前に出している証しだから。

(出典)失敗|今日の言葉

2020年3月5日木曜日

記事紹介|運命は与えられるものではなく、自分から動いてデザインしていくもの

自分のやりたいことに

挑戦する勇気を持っている人の未来には、

自分が考えている以上に

楽しいことであふれた毎日が待っている。

*

これを後押ししてくれる言葉として、日野原先生のこんな言葉があります。

『自分の人生に起こることを「運命だ」と受け身的に捉える人が多いようですが、

私はいつも「あなたの運命をデザインしなさい」と言うのです。

人生はよいことばかりではありませんが、誰かとの出会いを契機によい方向に変えていくこともできる。

運命は与えられるものではなく、自分から動いてデザインしていくものだというのが私の考え方です』

運命は決まっているものではなく、自らデザインしていくもの。

そうであるならば挑戦の多い運命でありたいですね。

そして失敗を恐れないこと。

なぜなら、

『失敗は行動しない者が引き起こすのであって、

失敗を覚悟してあえて行動しようとする者によって起きるのではない』

ということのようです。

今年の挑戦は何ですか?

(出典)挑戦|今日の言葉

記事紹介|逆境や問題から学ぶことができ成長することができる人は、それを人のせいにしない

逆境や問題から学ぶことができ、成長することができる人は、それを「人のせいにしない」。

そして、まわりのせいや、政治や時代のせいにはしない。

政府が悪い、トップが悪いといくら言っても、今まで起きてしまったことの状況は変わらない。

ダメな経営者が「景気が悪いから我が社も悪い」と言っているようなものだ。

つまり逆に、「景気がいいから我が社も良い」というなら、その経営者はいらないことになる。

すべて景気任せだからだ。

声高に誰かを非難している人は、自分の胸に手を当てて考えた方がいい。

もし、自分がそのトップの座にあったらどんな手を打つかと。

もっとましな手が打てたのかと。

決断を下すには、様々な条件が重なり、何かを選べば何かを捨てなければならない。

全員がオッケーになってハッピーになることなどこの世に一つもない。

そして、状況は刻々と変わり、昨日打った手は今日は正解ではない。

その中で決断するのだ。

結果を非難するのは誰でもできる。

それは、冷暖房の効いたテレビの前で、死闘を繰り広げるボクサーを見て罵(ののし)るようなもの。

「逆境に対する姿勢で人は問われる」

今、生かされていることに感謝し…

人のせいにせず、さわがず、

目の前のやるべきことを淡々とまっとうする人でありたい。

(出典)逆境に対する姿勢で人は問われる|人の心に灯をともす