2013年10月15日火曜日

誠実な人

ブログ「人の心に灯をともす」から、一億総評論家」(2013年10月14日)を抜粋してご紹介します。


人は得てして、自分のことは棚にあげて、他人のことを辛辣に批判する評論家になりたがる。

野球やサッカーなどのスポーツ観戦では、多くのファンが、まるで監督のように論評する。

スポーツ観戦ならそんなに害はないが、仕事や実生活でもその調子だったら、鼻持ちならない嫌なヤツと敬遠される。

口先だけの行動が伴わない軽薄な人間は信用されないのと同様、実力も無いにわか評論家も相手にされない。

言葉に行動が伴う人を誠実な人という。

評論家ではなく、誠実な実践者でありたい。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

総理、あなたはどこの国の総理ですか

「ノーモア ヒバクシャ」 この言葉は、未来に向けて、世界中の誰も、永久に、核兵器による惨禍を体験することがないように、という被爆者の心からの願いを表したものです。その願いが、この夏、世界の多くの国々を動かし、一つの条約を生み出しました。 核兵器を、使うことはもちろん、持つ...

人気の投稿