2013年10月18日金曜日

楽観論で考える

ブログ「人の心に灯をともす」からニュースとは」(2013年10月15日)を抜粋してご紹介します。


物事を観念や抽象的に考える人は、悲観論に流れやすい。

反対に、現場で具体的に考え、行動し解決しなければならない人は、楽観論で考える。

日々の仕事や生活は、具体的に動かなければ少しも前に進まないからだ。

楽観的な人は、行動が先行する。

そして、行動してダメだったらまたやり直せばいいと考える。

悲観的な人は、やる前からダメだと思って行動を躊躇(ちゅうちょ)する。

頭で考えるから不安が増大し、心配事が増える。

そして、悲観的なニュースにも振りまわされやすい。

本当は…

「世の中には、幸せなこと、楽しいこと、明るいことが満ち満ちている」

物事を楽観的に考え、具体的に動きたい。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

記事紹介|今日は、記憶の継承「慰霊の日」

沖縄は今日(6月23日)、20万人を超える人が亡くなった沖縄戦から72年となる「慰霊の日」を迎えました。関連記事をご紹介します。 沖縄 あす慰霊の日 大田元知事を偲んで|2017年6月22日東京新聞 沖縄県の大田昌秀元知事が亡くなりました。鉄血勤皇隊として激烈な沖縄戦を体...

人気の投稿