2013年12月15日日曜日

一生懸命に生きる

ブログ「今日の言葉」から生きる」 (2013年12月13日)を抜粋してご紹介します。


今の世の中自分一人で生きていくことは殆ど不可能で、

食事、電気、電車、情報など誰かのサービスの上に成り立っている。

しかしながらその殆どを当たり前だと思ってしまう。

坂本龍馬は携帯電話が無くても日本を変えました。

何かが無いから出来ないと言うのは、理由にならないということ。

魚だって自分で捕りに行ってみれば簡単ではないことが分かる。

野菜だって育ててみれば、長い期間がかかるし、不作のこともある。

そんな苦労をしてみるからこそ、収穫出来たときの喜びは一層となる。

自分が一生懸命に取り組むからこそ、他人の状況も理解できるようになるのですね。

命とは、あなたが使える時間のことです。

一生懸命時間を使い切るからこそ、

自分が沢山の恩恵に預かっていることを実感でき、

感謝出来るようになるのですね。


著者 :
玉川大学出版部
発売日 : 2013-09-14

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

記事紹介|今日は、記憶の継承「慰霊の日」

沖縄は今日(6月23日)、20万人を超える人が亡くなった沖縄戦から72年となる「慰霊の日」を迎えました。関連記事をご紹介します。 沖縄 あす慰霊の日 大田元知事を偲んで|2017年6月22日東京新聞 沖縄県の大田昌秀元知事が亡くなりました。鉄血勤皇隊として激烈な沖縄戦を体...

人気の投稿