2013年2月3日日曜日

スーパーマリオランド

「魂が震える話」ブログ」から抜粋してご紹介します。


どこにかいたらいいかわからんからちょっと書かせてくれ

昨日4時22分に母が亡くなった

風邪一つ引かない元気な母だった。

僕が幼稚園に入るころもう父はいなかった。借金作って逃げたらしい。

朝は4時に起きて俺らの弁当作って6時から17時まで弁当屋でパート。

帰ってきたら晩飯作ってすぐに出て行って11時までパチンコ屋で掃除のバイト。

休むのは月に3回あればいいほう。

そうやって僕と妹は育てられた。

反抗期なんてほぼ無かった。

あんなに頑張る母親を見て反抗なんてできるはず無かった。

いや・・・一度だけあった。

クリスマスの2、3日前ゲームボーイが欲しいとねだった。

友達がみんなゲームを持っていたのに自分だけ持ってないと苛められると。

何故あんな嘘をついたのだろう・・・。

母は「ごめんね・・・」と顔をくしゃくしゃにして泣いた。

僕も何故か悲しくなって家族3人でボロボロ泣いた。

その日は3人とも同じ布団で抱き合って寝た。

クリスマスの日の夕食はおでんとケーキだった。

母親は子供のようにはしゃぎ、歌い、最後に「はい」とプレゼントを渡した。

古いゲームソフトだけを買ってきた。

「これだけじゃできないんだよ」と言おうとしたけどうれしそうな母の顔を見ていえなかった。

あれから20年、兄妹そろって大学まで出してくれた。

俺も妹ももう就職したしこれからは楽させてあげるから仕事やめなよ。っていったのに。

働いてなきゃボケるって・・・そんな年じゃないだろう。

どっか3人で旅行にいこうよっていってたのに。

妹の結婚式みるまでは死ねないっていってたのに。

なんで末期癌になるまで働くんだよ・・・。

何度も病院いこうって言ったじゃないか。

先生もいってた「あんなに我慢強い人見たこと無い」って。

看護婦さんに「迷惑かけてごめんね」ばっかり言ってたんだってな。

いっつも人のことばっかり気にして・・・。

震える手で書いた枕もとの手紙・・・読んだよ

「耕ちゃんへ

小さいころはいつもお手伝いありがとう

あなたはわがままをひとつも言わないやさしい子でした

妹の面倒も沢山見てくれてありがとう

あなたが生まれてきてくれてほんとうにうれしかったよ

あなたのお嫁さんを見たかった

梓へ

女の子なのにおしゃれをさせてあげられなくてごめんね

いつも帰ったら「ぎゅっとして」といってくるあなたに何度私は救われたかわかりません

あなたはあなたを愛する人を見つけなさい

そしてその人のために生きなさい

死は誰にでも訪れるものです。

悲しまないで

あなたがもし辛いことがあったらいつでもあなたの枕元に立ちますよ なんてね

あなた達の母親で良かった

また生まれ変わってもあなた達の母親でありたい。

それが私の唯一つの願いです

体に気をつけて。

寒いからあたたかかくして。

それから・・・それから・・・きりが無いからやめとくね

たくさんたくさんありがとう」

お母さん・・・手紙涙でにじんでボロボロだったよ。
だから紙を買ってきてくれっていってたんだね。

お母さん・・・ありがとう・・・ありがとう・・・ありがとう・・・

まだ遊んでるよ。
プレゼントしてくれたスーパーマリオランド。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

記事紹介|今日は、記憶の継承「慰霊の日」

沖縄は今日(6月23日)、20万人を超える人が亡くなった沖縄戦から72年となる「慰霊の日」を迎えました。関連記事をご紹介します。 沖縄 あす慰霊の日 大田元知事を偲んで|2017年6月22日東京新聞 沖縄県の大田昌秀元知事が亡くなりました。鉄血勤皇隊として激烈な沖縄戦を体...

人気の投稿