2014年8月27日水曜日

素敵な顔

ブログ「人の心に灯をともす」から美しき人になりたく候」(2014-08-21)を抜粋してご紹介します。


「20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの功績」(ココ・シャネル)

男性も女性も、その人の長年の生きざまが顔にでる。

卑(いや)しい言動や、卑怯(ひきょう)なことばかりしてきた人は、卑しい顔になる。

自分のことより先に、人の喜びや人の幸せを考えて生きてきた人は、美しい人になる。

何の努力も苦労もせず、もって生まれたスタイルや美貌だけをたよりに生きてきた人は、晩年になって深みのないのっぺらぼうの味のない顔になる。

「物心つくその日から何を思い、何を語り、何をしたか」

美しき人になりたい。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

記事紹介|日本の大学は、ゆでガエル状態

「高大接続」という言葉が独り歩きしている。目まぐるしく変わる世界で、私たちの子どもはどんな力を求められるのか、それにふさわしい教育を創っていこう。そんな思いで始めた改革だったが、その方向に進んでいるのだろうか。議論を進めてきた責任者の一人として、改革に込めた思いを語りたい――中央...

人気の投稿