2016年12月14日水曜日

記事紹介|言行一致

時間は過ぎ去って行くから取り戻せない。

言葉は相手に届く矢のようなものだから、発した後は取り返しに行けない。

さらには、どこに飛んでいくのかもわからない時もある。

時間は命の別名だから、これを無駄にするということは、自分自身の命を粗末に扱うことになる。

そう考えると暇つぶしという概念は存在の余地はなくなる。

たった5分を有効に活用出来ない人に、どうして大きなことが出来ようか。

そう諫(いさ)める言葉もあります。

言葉と行動は相手に届くものであり、相手はそれを持ってあなたを評価する。

どんなに別の想いがあっても、判断されるのは、発せられた言葉であり、伝え方であり、どのように行動しているのかということ。

言ってることと行動を一致させる、言行一致を大切にしていきましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

記事紹介|そんな大学に、国民の血税から投資を増やしますか

教育無償化政策の哲学 思うに、教育の無償化に代表される投資増加策の根本にある発想は大きく二つでしょう。一つは、21世紀という時代が知識や情報が人々の生活に直結する時代であるということ。この時代には、教育にこそ投資をし、教育の機会をこそ均等にすることが国家の興隆にも、格差の是正...

人気の投稿